金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 5

投稿日:

御言葉メール 5
2004年8月18日
何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」(ピリピ4:6,7 )
私たちは多くのストレスにさらされて、現代社会に生かされている。ストレスの原因は様々であるだろうが、やはり一番悩まされるのは人間関係だろう。夫婦、親子、兄弟、同僚、仲間等。そういう意味で、伝道者パウロはまさにストレスの権化のような存在である。
同胞から殺されるほどに憎まれ嫌われ、自分が開拓した教会からは、教えさえ疑われバカにされる。しかし彼は、救い主イエス・キリストの故にそのような人生を喜びとした。そのキリストこそ、彼のストレスの全てを訴える方であった。
私たちはストレスは、紛らわして忘れたいものと考え、神に向かう事さえ面倒になったりする。又、反対に何かすることで安心感を得ようとする。しかしパウロにとってストレスは自分で抱えるものではなく、神にお任せするものであった。むしろパウロにとってストレスは、ますます神へ向かう機会となった。その結果、「人のすべての考えにまさる神の平安」が、ストレスの最中で彼を守ったのである。このパウロの経験は、同じ神を信じる私たち一人一人に与えられるものである。

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.