金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 18

投稿日:

御言葉メール 18
2004年10月2日
「今、私たちは鏡にぼんやり映るものを見ていますが、その時には顔と顔とを合わせて見ることになります。今、私は一部分しか知りませんが、その時には、私が完全に知られているのと同じように、私も完全に知ることになります。」(第一コリント13の12)
私達は、イエスキリストを自分の救い主と信じた時から、神を知りみこころを求める生活をスタートさせます。礼拝、交わり、デボーションを通して神様がどういう方であるかを知っていくのです。ここで大切な事は、神を知る事ができるのは自分の能力ではないという事です。
先ず神が、私達を完全に知っていて下さるので、私達は神様を知ることができるのです。これがどんなにすばらしい事なのかを、J・Iパッカーという神学者は、その著書 「神について」で、次のように述べています。
「最も重要な問題は、私が神を知るという事実ではなく、…神が私を知っていてくださる、という事実です。…私が神を知っているすべてのことは、神が絶えず主導権を持って私を知っていてくださるということに依存しているのです。
私は神を知っていますが、それは、まず神が私を知ってくださり、しかも続けて知っていて下さるからです。神は、私を友達として知ってくださり、私を愛してくださる方です。そして神の目が私から離れるときはなく、神の関心が私から離れるときもなく、したがって、一瞬たりとも神の配慮が払われなくなる時はないのです」

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.