金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 32

投稿日:

御言葉メール 32
2004年11月20日
「神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。」(第2コリント1の4)
先日、テレビでスケーターの村主章枝(すぐり ふみえ)さんが取り上げられていた番組の中で、1972年の札幌オリンピックで話題になったジャネット・リンさんを訪問するシーンがありました。優勝こそしなかったものの、日本中を魅了したスケーターだった彼女は村主さんに話します、
「優勝する事は素敵だけど、それは一番、大事な事ではありません。私はオリンピックで優勝もしなかったし失敗もしたけど、スケートを通して日本の人と交わり、今もこの様に訪問してくださる人もいる。
スケートは神様が私に与えてくださる賜物で、私の一番の関心は優勝ではなくて信仰です。競争は人に勝つためではなくて、自分の向上のためのものです。」(要約)泣きながら聞いていた村主さんの、そういう考えが聞けて本当にうれしい、という内容のことばは印象的でした。
優勝を期待されるトップアスリートとしての村主さんに対して、確かな価値観の中でスケートを位置ずけ、「優勝する事が大事ではない」と、はっきり言える人生を歩んできた人のことばは、大きな慰めだったでしょう。
私達が出会う様々な問題、苦しみを神様のもとにもっていって解決する時、今度はその経験が、人を慰め方向性を示すものとなるのです。

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.