金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

001〜50

御言葉メール 35

投稿日:

御言葉メール 35
2004年12月1日
「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。―主の御告げ。―れはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」 エレミヤ29章11節
クリスマスを待ち望むアドベント(待降節)の季節になりました。旧約聖書に預言されたメシア(救い主)であるイエスキリストが、この世に来られる時、旧約聖書を信じているユダヤ民族は、ローマの支配の中にありました。
ローマに税を納め、その生活は貧しいものでした。そういう状況の中で、メシア待望の信仰は、ローマから解放し苦しい生活から民族を救ってくれる者としての期待が高まっていました。
しかしキリストは人々の生活を豊かにするために、また政治を立て直すために、この世にこられたのではありません。むしろ貧しさの中で、また圧政の耐えられないと思われる状況の中でも、生きることのできる平安こそ、
罪が赦された結果としてメシアが与えられたものでした。この世のどんな偉大な国家も富も過ぎ去っていきますが、キリストによって与えられた平安は、神の支配される国を見、永遠の生命を待ち望ませるのです。
一人一人様々な状況の中で迎えるクリスマスが、その現実の最中に、キリストの平安と永遠の生命の希望に満たされますように。

カテゴリー

-001〜50

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.