金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 88

投稿日:

御言葉メール 88
2005年6月4日
「ペテロとヨハネは彼らに答えて言った。『神に聞き従うより、あなたがたに聞き従うほうが、神の前に正しいかどうか、判断してください。』」(使徒4章19節)
私たち人間は、人に従いたくないものですね。その人に合わせると、自分が低くされたかのように思われて、何かとても惨めです。特に私など、牧師という働きをしていると、教会員の兄姉が従うのは当たり前という傲慢さが心に沸きます。
全く自分が嫌になります。更に人とは、嫌らしい者で、社会的に高く評価をされる立派な肩書きを持つ人や、有名人に従うのは、意外と平気なのです。むしろ、従う事を誇りにさえ思えるのです。しかしこのような従い方は、私が最も嫌う、「虎の威を借りる狐」の譬えにある権威を笠に着た姿です。
では、キリスト者が従うというとはどのようなことを言うのだろうか。先日、些細なことで、ある同僚と意見が分かれました。その時彼は、「私は先生に従います」と言われたのです。その時とても違和感を覚えました。
本質的なことではないし、どちらでも良いことに対して「従います」の言葉は、一見とても謙遜に映るのですが、とても不快でした。私は従ってもらいたくはないのです。
一致して神の栄光を表したいのです。この上下関係を表す言葉は、嫌でした。私たちが従うべきお方は、神お一人のはずなのですから。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.