金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

051-100

御言葉メール 89

投稿日:

御言葉メール 89
2005年6月8日
「主よ。人とは何者なのでしょう。あなたがこれを知っておられるとは。人の子とは何者なのでしょうか。あなたがこれを顧みられるとは。人はただ息に似て、その日々は過ぎ去る影ようです。」(詩篇144篇3〜4節)
私は、最近とても不思議な感覚に囚われる事があります。それは、車で緑深い山の間を縫うようなハイウェイをスピードを出して、走っている時です。全てを包み込み、呑み込んでしまう深い山々、太陽が眩しく照りつけ、空は何処までも続いていて青い、神は全てを見通しおしてられます。
人はどうあがいても、この地球の地面を這うだけで、神の創造された中で最も弱く、罪深い人とは何とちっぽけな存在なのでしょう。このちっぽけさを忘れた愚かさ!己が何か偉い者になったかのように、また偉い者であることを世に認めさせ、己自身に―我、ここにあり!―
との自我の為、人と比較し、或は誇り、あるいは争い、嫉妬し、怨み、妬みながら地面をはいずる破壊者。なんと愚かなんでしょう。こんな思いが、私の中に湧くのです。しかし神は、なんと賛美されるのにふさわしいのでしょうか。
すべての創造者にして、支配者なる神が、こんなちっぽけな人を知っていて下さり、顧みて下さるのですから。しかもその独り子を犠牲にするほどに愛して下さるとは!神の偉大さは、その力大きさもさることながら、憐れ深さはなんたることでしょうか。神を誉め讃えます。

カテゴリー

-051-100

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.