金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール133

投稿日:

御言葉メール133
2005年11月9日
「それでは、私は、あなたがたに真理を語ったために、あなたがたの敵になったのでしょうか。」(ガラテヤ4章16節)
パウロは、この手紙の中で自分の事を「使徒となったパウロ」と言って語り始めます。まるで怒っているかのような書き出しです。パウロは、イエスが十字架にかかられる前からの弟子(12使徒)ではありませんでした。それどころかイエスを救い主と信じる者たちを迫害する者でした。
クリスチャンとなった後も12使徒の誰かの弟子となったわけではありません。ですから、何か事があるたびに信徒仲間からでさえも、「彼は使徒ではない。」といわれていました。このガラテヤ教会の兄弟姉妹たちもまさにそうでした。彼らは、パウロから福音を聞き信仰に導きいれられた人たちです。それなのに彼らが、パウロの使徒としての働きを疑ったり、軽んじたりしたのです。その原因は、他の人々によってその信仰が揺らいだ時でした。
このようにその信仰が揺らぎ始めると、パウロの教えを非難し、同時にパウロの使徒の資格を疑ったのです。パウロと使徒の権威を認めるかどうかが、信仰の分水嶺でした。それは、パウロが、いつも神の福音の中に生きていたからです。私も人に受け入れられることではなく(例え人から嫌われても、馬鹿にされても)、パウロのような福音の使者でありたいと思うのです。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.