金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

101〜150

御言葉メール141

投稿日:

御言葉メール141
2005年12月7日
「マリヤは言った。『ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように。』」(ルカ1の38)
最近の一連の幼児暴行殺害事件は、私達の心と社会全体を恐怖と不安、そして不信に陥れました。身体は大人になっていても、その心が育っていない事がどれほど恐ろしい事を生み出すかを、私達大人は知り始めています。自分の思い通りにならないと我慢できない心は、他人の心と命を傷つけないではおれません。
イエスの母マリアはイエスの受胎告知を受けた時、今なら中学生ぐらいの12〜13歳ぐらいだろうと言われています。当時、未婚女性の妊娠がわかれば石打ちの刑でした。更に婚約中のヨセフから婚約解消されることも当然、予想されたでしょう。御使いの言葉は、婚約中のマリアの幸せを全てはぎとる言葉であったのです。しかしマリアは、誰に相談する事もなく御使いのことばを、この身になりますように、と受け入れました。
神を信頼し善悪の基準をしっかり持っていたマリアは、自分の思い通りにならない事、それどころか命の危険にさらされる事にも、正しい事であれば従うという心が育っていたのです。正しいお方は神だけです。神を愛し信頼する事が、自分と他人をどのように大切にする事かを示す責任を、キリスト者は負っているのではないでしょうか。

カテゴリー

-101〜150

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.