金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

151〜200

御言葉メール152

投稿日:

御言葉メール152
2006年1月14日
「多くの証人の前で私から聞いたことを、他の人にも教える力のある忠実な人たちにゆだねなさい。」(1テモテ2の2)
先日ある兄弟と学び会をしていた折に、「私たちは、自分が存在していたことを、何を持って証明するか」という話になりました。歴史に登場する支配者は、凱旋門や記念塚を作って自分の存在や功績を後世に伝えました。そして政治家たちもいろいろな記念碑と称する箱物を建てて、後世にその名を残そうとしているように思えます。
ではクリスチャンは、何を残すのだろうか。聖書の偉大な人たちは、決して記念碑(塚)等を残していません。しかし彼らは、目に見えませんが、信じてきた信仰を信仰生活を通して残していました。私がこのように学び会などをしているのは、やはり私の信仰、聖書理解、信仰生活など、目に見えない事柄を伝え、残そうとしていることに気づきました。
私には、まことに不十分な聖書理解、知識しかありません。しかし、イエス・キリストを信じて生きる生活を伝えたいのです。またそれも不完全で不満足です。ならば何を伝え残す事ができるのでしょうか。私は、その不完全な信仰生活を通して、それでも私を支え生かして下さる全能なる主イエス・キリストを伝え、残して行きたいと切に願っているのです。何故ならそれが私の遺書であり、生きた記念碑だからです。

カテゴリー

-151〜200

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.