金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

151〜200

御言葉メール166

投稿日:

御言葉メール166
2006年3月4日
「私たちの神、主のご慈愛が私たちの上にありますように。そして、私たちの手のわざを確かなものにしてください。どうか、私たちの手のわざを確かなものにしてください。」(詩90:17)
この詩篇の冒頭には、「神の人モーセの祈り」とあります。モーセは、「地上のだれにもまさって非常に謙遜であった」(民12:3)人です。
そして同時に彼の生涯は、民が罪を犯し神の裁きの宣告を受けた時、神のみ前に出て民の赦しを願う、とりなしの祈りであった事を思い出します。私は、ここからモーセが「非常に謙遜であった」といわれる理由が、どの様な時でも人々のためにとりなしの祈りをやめない、事だと教えられました。彼は、いつも神により頼んでいました。神により頼む祈りは、神への絶対的な信頼の現われです。
私が、自分の力で(意識していないつもりでも)、「何とかなるだろう。何とかするしかない」といって、とりなしの祈りのないなら、何と傲慢なことだろうか、と思わされました。またモーセは、偉大な民の指導者でした。そして数々の偉大な業をやり遂げました。しかし彼は、自分の全ての業や功績を自分の存在の根拠にはしませんでした。神に自分の全ての業を確かにして下さいと祈って、神が受け入れて下さる様にと祈るのです。私は、そんなモーセの姿に自分の傲慢さを突かれた思いがします。

カテゴリー

-151〜200

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.