金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

201~250

御言葉メール229

投稿日:

御言葉メール229
2006年11月4日
「私たちは自分自身を宣べ伝えるのではなく、主なるキリスト・イエスを宣べ伝えます。私たち自身は、イエスのために、あなたがたに仕えるしもべなのです。」(Ⅱコリント4の5)
私は伝道者としての働きを長年させて頂いてきました。この[させて頂いた]というのは、私にとって決して通り一遍の挨拶や謙遜ポーズではありません。
私は最近、つくづく自分の力量(学力、知力、洞察力、行動力、最も肝心な霊性から来る品性というものが含まれている)の無さを、知らされる機会に多く会いました。それでも私は、自分のしていることに自身と誇りを持ちたいと思いました。同時に働きの意義と充実感が欲しかったのです。しかし、どこを探してもそれらは見当たりません。
では何故、今も私は、この働きをするのだろうか。それは、「神の力」が測り知れないと証しされる為に何故か、神が私に神の栄光を知る光を与えて、キリストを知る者としたからです。次にこの働きは、自分は「土の器」であると知るところから始まること聖書によって教えられたからです。そうして、自分自身ではなく、主なるキリストを真に述べ伝える者となるとのみ言葉に対する信仰によってだけです。

カテゴリー

-201~250

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.