金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール260

投稿日:

御言葉メール260
2007年2月21日
「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。ー主の御告げーそれはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」(エレミヤ29の11)
どんな人でも、「最悪」と思うような日々を通る事があります。あるいは戸惑い、これからどうなるだろうかと心配のかたまりが、心を埋め尽くす時もあるでしょう。しかし「私はあなたがたのために立てている計画をよく知っている」と、言って下さる神様がおられます。
ユダ国がバビロンに奴隷として連れて行かれた、いわゆるバビロン捕囚は、ユダにとって最悪の状態でした。しかしその苦しみこそ、平安と将来と希望を与える神の計画でした。その時は苦しいだけで将来も何も見えないと思える時に、この苦しみは意味がある、とはっきり宣言されたのです。偶然や自分の行いの結果だと、自分や周りを責める必要はないと言われるのです。事実、捕囚以後この国は、偶像崇拝を止め、まことの神だけを信じて国家建設に取り組むのです。今のあなたの「最悪」、戸惑いもそうです。今まで以上に、神様から与えられる平安と希望を感謝し喜ぶためなのです。

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.