金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール271

投稿日:

御言葉メール271
2007年3月31日
「何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。」(ピリピ4の6)
私たちは、自分に自信がなくなったり、本当はとても臆病だと感じた時、自分の有能さと勇気あるところを見せようとします。その場合、私たちは自分の隣り人を思いやるゆとりを全く失います。その時は、たとえ正しい事を語っていても、いつの間にか自己弁護に終始してしまいます。自分の正しさ、優秀さを認めさせる事を目的としているため、自分の大変さ、いかに努力し、貢献しているかをまくし立てます。
時には、相手の過ちや欠点を攻撃します。その交わりは、闘争の場となり、自分も人も傷つけてしまうのです。どうして、そうなってしまうのでしょうか。人から疎外される恐れです。パウロは、私たちのうちに神からの平安がないからだといいます。神は、そんなあなたの全てを知っておられます。だから、自分の思いの全てを神に知って頂く事だと勧めます。そこに条件は、いっさいありません。祈って何の意味があるのか、効果がなかったらどうしようか、などと思い煩わないで祈れというのです。

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.