金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール272

投稿日:

御言葉メール272
2007年4月4日
「神はこのように、人をご自身のかたちに創造された。」(創世記1の27)
最近私は、この聖句について考えさせられる機会が多い。この聖句は、まず人が神の被造物であり神ではないと教えている。それなのに人は、愚かにも何でも出来ると思い込み、ふんぞり返って今にも倒れそうになっている。次に人は、自分を輝かせるのではなく(光源を内には持たない)、神の光を反射させる時に存在価値があると教える。では、人が神の光を反射させて輝くとはどのようなことか。全く逆の例として、20世紀前半に台頭したヒットラーを見る。
彼は、障害者(ユダヤ人も)は生きる価値がない、生きるに値する者とは優れた能力を持っている者とした。彼のように能力(功利主義)で、人間を評価する価値観は、ヒットラーを賛辞するものであり、罪そのものである。そして怖いのは、私たちの周り(学校で会社で、そして家庭においてさえ)にその考えが蔓延して、他者との競争に追い立てているという現実である。更に、もっとも恐ろしいのは、教会がこの誤りに気づかずにいることである。イエス様は、むしろ盲人のバルテマイや小さな子供を御もとに引き寄せた。これが神様の価値観である

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.