金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

251〜300

御言葉メール290

投稿日:

御言葉メール290
2007年6月6日
「また、なぜあなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の梁には気がつかないのですか。」(マタイ7の3)
この世には、政治から家庭のしつけに至るまで批評家がいます。更に巷には、悪質なにわか批評家が満ち溢れています。彼らは、他人の弱点や誤りをあげつらいます。そうすることが正しい、と確信さえしています。彼らは、人を批評する事は、人を改善させ、向上させると思い込んでいます。
しかしそのような彼らこそ、人から批評される事を屈辱に感じ、評した人を口汚くののしります。そしていつまでも忘れません。もしキリスト者が、この様な人と同じ考え方、同じやり方を教会に持ち込み、人を正し、成長させるために必要であると考えているならば、本当に愚かです。その人は、自分の期待に応えないキリスト者や、こちらの思うように事を運ばない牧師のあら探しをします。
それは、理にかなっており、自分の批評が、教会やクリスチャンを良くしていると勘違いしているのです。このような慈父から来る自己義認が、人を裁くという事です。キリストは、その様な人を「偽善者たち」と呼びます。それが冒頭のイエスからのキリスト者への忠告です。

カテゴリー

-251〜300

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.