金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

301〜350

御言葉メール312

投稿日:

御言葉メール312
2007年8月22日
「主があなたを祝福し、あなたを守られるように。」(民数6の24)
モーセは、イスラエルが集められる時、大祭司アロンとその子らの手を民の上に差し伸べて、祝祷の言葉を述べる様に命じました。小さな弱いイスラエルに対して、神の祝福が与えられるとは何という事でしょうか。その祝福の保証を神がなさるのです。主なる神の「祝福」は、人間も悪魔も妨げる事はできません。
詩篇は、神の祝福のもとにある喜びを歌い上げます。昔は、神の祝福をイスラエルだけが受けましたが、今や凡ての民族に及んでいます。隔ての壁は破られました。大祭司キリストがご自身の血によって、ご自分の民の罪を一度だけ完全に贖い、隔ての壁を打ち破られたからです。イエスは、刺し貫かれたみ手をご自分の民の上に差し伸べて、惨めな罪人たちに最大の祝福を与えられます。その祝福は、み子の血によって全ての罪を洗い清める恵みです。
この民の一人となる事は、何という喜びでしょうか。この民は、その魂も体も、またその喜びも悲しみもたずさえて、神の祝福のみ手の下に避け所を見出すからです。神の祝福の下に、神の祝福によって生きる事を学んだ民は、何と幸いでしょう。

カテゴリー

-301〜350

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.