金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

351〜400

御言葉メール361

投稿日:

御言葉メール361
2008年2月9日
「・・その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。」(第1ペテロ4の10)
ここ数年、私の中で絶えず問われている課題に「仕える」という事があります。冒頭のみことばの、仕え合うというのは、しもべとして、という意味です。私自身、聖書の「仕える」という姿勢からあまりにもかけ離れた者であることを、鋭く指摘される御言葉です。
私がイエスキリストを信じ従うということを学ばなかったら、多分、私は人に仕えるという事など考えもしなかったでしょう。キリストのことばと教えに従いたいと願う時、そこには必ず周りの人に仕える、という事がいやが上にも出てきました。勿論、人によって「仕える」という表れ方は全く違います。その違いはあっても、神の規準によって生きようと願う時、社会の良いと思われる規準や方法とはかけ離れていても、キリストに従い人に仕えるその人独自の在り方が出てくるのではないでしょうか。
みことばによって思い、言葉、態度を自己吟味させられていく時、世の中の人間観、発想を教会に持ち込む事から守られます。むしろ聖書の、仕える人間観を教会から世の中に発信できる人が 起こされていくと信じます。主の恵みが広まります様に

カテゴリー

-351〜400

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.