金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

351〜400

御言葉メール400

投稿日:

御言葉メー400
2008年7月9日
「すると彼は、これを聞いて、非常に悲しんだ。」(ルカ18の23)
ある金持ちの役人がイエスの所に来て、「全ての神の戒めを守っているが、永遠のいのちを確かに自分のものするにはどうしたらよいか。」と質問しました。その時イエスは、全ての持ち物を売って貧しい人に分け与え、自分についてきなさいと命じました。すると彼は、悲しみつつ去ったのです。
それは、彼が「たいへんな金持ちだったから」でした。ほとんどの人が、漠然とですが「自分はそこそこで、天国に入る。」と思っています。本当の自分の姿に気づきません。この役人は、今までズーッと、十戒の全てを守っているという幻想を自分に抱いていました。人は、自分の事を多少の問題はあるとしても、「いい人間だ」と思っているようです。
「他人に罪人呼ばわりされる謂れは無い」と信じているようです。しかし、イエスはこの勧めによって、神以外のものを神とする、彼の偶像崇拝の罪を明らかに示したのです。このように私たちは、「世間並み」ということによって、自分の真の姿を見誤ってしまいます。故に真の神以外のものを神とすることは、全て世間並み以上の良い行いをしていたとしても、罪なのです。

カテゴリー

-351〜400

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.