金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

401〜450

御言葉メール402

投稿日:

御言葉メール402
2008年7月17日
「今日、わたしが命じる戒めをすべて忠実に守りなさい。そうすれば、あなたちは命を得、その数は増え、主が先祖に誓われた土地に入って、それを取ることができる。あなたの神、主が導かれたこの四十年の荒野の旅を思い起こしなさい。」(申命記8の1〜2a)
この言葉はイスラエルが、神の約束の地カナンを前にして、モーセが語った言葉です。40年に渡る荒野での苦しい旅が終ろうとしているのです。
民にとって、もう辛い過去になろうとしているのです。この時、民はそんなことなど忘れて、輝かしい新しい生活に目を前に向けたいと思っていたことでしょう。過去を振り返っている場合ではない、と思っていたことでしょう。前向きで、積極的、建設的なプラス思考を持つべきだと言うことでしょう。過去を振り返っている場合ではない、と思っていたことでしょう。しかし、聖書は全く逆なのです。
過去の荒野での40年間の神の養い、導き、守りをしっかり見据えていなければ、これからのカナンの地での道を誤ってしまう、と言うのです。これは単に、過去を振り返るのと違います。人生は、ボートを漕ぐ人と同様、後ろ向きに座り、出発点から目を逸らさずにいないと、その歩みが逸れてしまうのと同じだ言うのです。

カテゴリー

-401〜450

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.