金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

401〜450

御言葉メール407

投稿日:

御言葉メール407
2008年8月6日
「悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。」(ローマ12の21)
今日は、広島に原子爆弾が落とされた日です。人類の存在も尊厳もすべてを否定する爆弾です。昨晩もラジオで原爆体験者の便りを読んでおりました。私たちは「過去は水に流して」という言葉を聞きますし、使います。
しかし、この言葉が、加害者が被害者に対して使われ、いつまでもその苦しかったこと、その行為が不法であり、不合理でるあることを問いただす者を「しつこい」「いい加減にしなさい」といって責めるありさまです。また、中にはこの原子爆弾が投下されたことを「早く戦争を終結させるために仕方なかった。」「この爆弾のおかげで戦争が長引かず、多くの人が死なずにすんだ。」というのです。
そのお便りを下さった婦人の話を聞くならば、そのような言い訳が詭弁であることが分ります。死亡した14万人のほとんどは、非戦闘民でした。そして更にまだ原爆症で苦しんでいる人がいるのです。私たちは、それを「仕方がなかった」「もう過ぎたことだ」と言ってはなりません。だからといって、悪に悪を持って復讐する事は、また別の惨劇を積み重ねるだけです。

カテゴリー

-401〜450

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.