金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

451〜500

御言葉メール451

投稿日:

御言葉メール451
2009年1月14日
「『人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる。』と書いてある。」(マタイ4の4)
この年は、日本経済も政治も人の心も、悪い方向に激しく変化するでしょう。そして自殺する人(毎年3万人以上)が増加し続けるでしょう。打つ手がありません。残念ながら、死を選択しなければならない人の心は測り知れません。
生活の苦しさ、家族間における対立と憎しみ、多数の中の孤独、そして病による死など、様々考えられます。絶望と失意の内に死の中に追いやられ、放り込まれているようです。更に多くの新興宗教が起こり、彼らは救いを約束します。しかしそれらは、苦しみに喘ぐ人を更に苦しめるているように思えてなりません。ではキリスト教に救いがあるのでしょうか。
聖書のいう救いとは何でしょうか。つまり何からの救いであり、又何による救いをいっているのでしょうか。この不況の時、パン以外のものの必要を語るのに臆病になります。それでも聖書は、教えるのです。まず全ての物を与えて下さり、養って下さる神様との関係を取り戻し、神の怒りと裁きから救われなければならないと。聖書は、これが全ての人の出発点だと教えます。

カテゴリー

-451〜500

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.