金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

451〜500

御言葉メール468

投稿日:

御言葉メール468
2009年3月23日
「それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。また、私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに尊びます。」(第1コリント12の22,23)
上記のみことばを読みながら、かつて冗談で話し合っていた事を思い出しました。
教会にこういう人が集うと便利だろうね、という話の中で、教会堂を建てる時に必要になる建築業、様々な事柄に対応できる司法関係、必ず起こりうる病気のために医療関係者等々。冗談とはいえ、二千年前にパウロが論じる教会のあり方とは何と違うだろうと、我ながら恥ずかしさの極みで悔い改めました。その会話の発想は、役にたつという視点です。コリント教会にも、自分などいなくてもよいと考えて、教会の交わりからはずれる人がいたようです。
それに対してパウロは、弱いと見られる器官こそなくてならないものだと、この世の組織とは違う教会の在り方を示すのです。主が集められた教会は集められた人全部で一つの身体です。必要のない人は一人もいません。私達もパウロが指し示す教会に、どうか逸れる事がなく、留まる事ができますように。

カテゴリー

-451〜500

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.