金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

451〜500

御言葉メール494

投稿日:

御言葉メール494
2009年8月29日
「しかし、私にとって得であったこのようなものをみな、私はキリストのゆえに、損と思うようになりました。」(ピリピ3の7)
パウロのこの言葉に、私は言い知れない平安と満たしを感じます。パウロはイエスを信じたときに、家柄、経歴、ユダヤ教の熱心さという、ユダヤ社会で受けいれられていたもの全部を失いました。
それらはパウロ自身を支えていたものでしたが、それらを失って、強がって上記のように言っているのではないことは、ピリピの手紙全体を読めば一目瞭然です。しかもこの手紙は獄中で書かれているのです。イエスを信じる事はこんなにも平安に満たされる事なのかと、改めて私は教えられます。確かにパウロの経験には程遠くても、私はキリストを信じて、自分の犯す罪が赦され、更に全てのことが益とされると信じる事が、日常生活に大きな平安を与えています。
自分ではどうする事もできない事柄を、神様にゆだねて間違いない、と信じれる事は目先の事しか見えない私に、待つことを教えてくれます。それらが無い生活は考える事もできません。ただ神に感謝します。

カテゴリー

-451〜500

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.