金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

501〜550

御言葉メール511

投稿日:

御言葉メール511
2009年12月5日
「私は、ほんとうにみじめな人間です。」(ローマ書7の24)
人間の大きな関心の一つに、自分が他者からどの様に思われているか、という事があります。バカにされていないか、軽く見られていないだろうか、その様に考えると人の態度、ことばがとても気になってきます。
その様な私達に神様は、何も思い煩わないであらゆる場合に祈ることを教えて下さる。それはどんな事も神様にまかせて大丈夫、という事です。ところが神様に祈ってまかせようとする時、神様にまかせたくない自分、ゆだねたくない自分が突如として大きく見えてきて、愕然とすることがあります。神様を信頼して歩んでいると思っていたのに、と自分がみじめに思われるかもしれません。
しかしこれは、神様に委ねようと思う時に見えてくる自分の本当の姿です。これも神様が教えて下さる。その時から初めて祈れる祈りがあります。「みことばにある様に、ゆだねたいと願いながらも、ゆだねる事のできない私を哀れんで下さい」と自分の心をさらけだす祈りです。自分のみじめさを知った人間だけが祈れる祈りです。

カテゴリー

-501〜550

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.