金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

501〜550

御言葉メール519

投稿日:

御言葉メール519
2010年1月16日
「主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」(ヨブ記1の21)
主人が心筋梗塞で入院し、回復も順調で退院を考えていた矢先、突然不整脈が発生し、また集中治療室に入ることになりました。主人はその時、「また助けられたなあ」と、言っていました。神がこの地上に留まることをよしとされたのです。
命を創造されるのは神であり、命を取られるのも神です。神が生かそうとされる時、医学的に見て助からないと思われる時でも助けられるでしょう。医学の進歩や医療体制の充実の全てが、その時用いられるかもしれません。また神が召されようとする時、周囲にどれほどの混乱と苦しみが待っていようと、それは神が召されたのであり、よく理解できなくても、その死はその人にとって最善であったと信じます。
主は与え主は取られるーこの主は乱暴な暴君ではなく、永遠に生かそうとして一切の罪を赦された愛なる神。こういうお方が命の支配者として私たちの命を守っておられます。不安、混乱、疲れがあってもこの主が成される事は一番良い事です。主の御名はほむべきかな。

カテゴリー

-501〜550

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.