金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

501〜550

御言葉メール543

投稿日:

御言葉メール543
2010年8月14日
「殺してはならない。」(出エジプト記20の13)
広島、長崎原爆の日を今年も迎えました。しかし原爆が落とされた後も、世界中いたる所で戦争が続いています。被爆者の悲痛な体験談、目を覆いたくなる全世界の戦争の現実をマスメデイアは流し続け、その悲惨さを世界は知り、戦争反対も訴え続けているのに、戦争は終わる事がありません。国家が自国の安全と利益のためには、他国を脅かし、人を殺す事が認められる。
そうされた国は報復は当然と受け止める。どのような大義名分がつけられようと、人と国を殺す事には変わりありません。これが世界平和と個人の平和を本当にもたらすのでしょうか。殺すなかれ、と命じられた神は、平和をもたらすために御自分が犠牲になられました。キリストが怒りや憎しみ、困難な問題を自分の身に引き受けられたのです。
人間は心から出る憎しみ、怒り嫉みから自由になる事はできません。必然的に、殺すなかれという命令を守る事はできない。その私達の全てをキリストが負って自分のものとして処理されたーこの赦しを知り、平和を与えられた者の生活が、自分の周りに平和をもたらしていくのでしょう。

カテゴリー

-501〜550

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.