金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

551〜600

御言葉メール563

投稿日:

御言葉メール563
2011年1月1日
「さあ、来たれ。論じ合おう。」と主は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。」(イザヤ1の18)
年頭にあたって、私達は一年の幸いを求めます。それぞれ多くの事を求めますが、冒頭のみことばに心から慰められる人は、どんな状況の中にも幸いを見出せる人だと私は思います。
自分の罪、過ちをよく知って、苦しみ呻いていながらも、その中に沈みこんだり、辛さから逃れようと人のせいにしなくてすむ人です。それは自分の罪と悪は、責められ裁かれても当然と理解していながら、一方でその罪と悪は全く赦された、と確信しているからです。人間が求めるものでこれ以上の幸いがあるでしょうか。神様は、論じ合おうと人を招かれます。神の前に出る時、人間の偽善や悪は明らかになる。
しかし私達は弁解したり恐れたりする必要がありません。神様が私達を招かれるのは、赦しを宣言するためだからです。緋のように赤い罪も雪のように白くなる、と。どうぞこの一年、神様と論じてみて下さい。そして与えられる幸いを経験する年となります様に。

カテゴリー

-551〜600

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.