金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール628

投稿日:

御言葉メール628

2012年4月14日

「キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。」(ガラテヤ5の1)

聖書は、人間の救いにおいて、人間の行いを完全否定します。それでは聖書は、行いについてどの様に教えているのでしょうか。ガラテヤ書においてパウロは、キリスト者のもつ自由との関わりの中で行いについて論じます。律法(規則)は守る事ができたと思う時、安心感と他者に対する様々な思いを引き出します。

できない人への怒り、自分だけしているという不満等。出来なければ、みじめさにつながる。行いに頼る時、妬み、怒り、虚栄、みじめさから抜け出る事はできません。それを聖書は奴隷の状態だというのです。そこに人間の内的自由はありません。しかしキリストを信じて与えられる御霊は、しなければならないという行いではなく、神と人を愛する事を動機とする行いへと私達を導いてくださる。

御霊に導かれる行いは妬み、怒り、虚栄、みじめさから解放する。パウロはこれを自由と言うのです。御霊は必ず私達を導かれる。葛藤や逆らう事があっても、御霊は赦し、平安を与え、善を行わせてくださるのです。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.