金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

601-650

御言葉メール629

投稿日:

御言葉メール629

2012年4月21日

「私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。」(使徒行伝17の28)

私が信仰を持った時、父は、「ほどほどに」とか「生活に差し障りがないように」と言いながら、どうせすぐ止めるだろうと考えていたようです。私は何でも飽きっぽい性格で、その点でも心配はしていませんでした。

だから伝道者と結婚をしたいと言った時、父は本当にあわてました。経済的保障が無い生活、というのは父親にとって考えられない事だったのです。信仰が悪いわけではないが、生活がきちんとできて、その上で心の支えとして信仰を持つ。父の様な考えは日本では多くの人が持つ思いだと思います。根底にあるのは経済的自立が先で、信仰はその土台の上に乗っている。この固定観念は聖書の伝える神を、なかなか理解させにくい。

なぜなら聖書の神は、人間の心の安定だけのための神ではないからです。天地を造り、人間をそれぞれ目的を持ってお造りになった。人間の存在まるごと、生きるのも死ぬのも富も貧しさも健康も病も全て、まことに神を土台としている。私達一人一人を愛し赦す神を土台とする時、お金や健康や仕事から自由になる経験が始まります。

カテゴリー

-601-650

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.