金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

651-700

御言葉メール652

投稿日:

御言葉メール652

2012年10月13日

「私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシア人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。」(ローマ1の16)

パウロは福音を恥とは思わない、と言い切ります。人間理性にとって確かに、恥と考えるところがあるのです。

福音とは、肉体をとってダビデの子として生まれた永遠の神の御子が、十字架上で死に復活した事実を告げる事です。パウロはこの福音はユダヤ人にとってはつまづき、私たち異邦人にとっては、愚かである様に見える、とも言っている。十字架と復活は人間理性にとって、自分の幼稚さをもたらす恥ではあっても、決して論理的納得をもたらすものではないでしょう。それにもかかわらずキリスト者は、その愚かさを信じる事ができた。いえ、信じさせていただけた。これは神の力以外の何物でもありません。
福音は、救いを得させる神の力です。神を信じて私達はどういう救いを得たのでしょうか。悪の力と支配、そして人間の罪から人を開放して、神の恵みの御国に移して下さったのです。イエスキリストを信じるだけで、全く自分の状況が変わっていない様に思えたり、自分の気持ちに特別に変化が無い様に思えても、あなたや私は確実に救われています。信じていることが神様のわざなのですから。

カテゴリー

-651-700

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.