金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

651-700

御言葉メール699

投稿日:

御言葉メール699

2013年10月12日

「主よ。いつまでですか。あなたは私を永久にお忘れになるのですか。」(詩篇13の1)

私は詩篇を通して、自分の苦しみの時、悩みの時、病の時にどの様に祈ればよいか、どの様に神に向かえばよいのかを教えられてきました。13編の作者は、その苦しみの時、神に向かい「いつまで」という言葉を4回も使って訴える。

いつまで神は私のことを忘れておられるのか、いつまで私は苦しめばよいのか、いつまで私の敵は勝ち誇っているのか。心の苦しみを作者は、神にあらいざらいさらけだします。私は自分の思いの全てを神にさらけ出す事を教えられた時、胸のつかえがストンと下りたような納得感を今でも思い出します。絶望は私達を虚無や快楽、死へさえと向かわせる事があります。しかしまた絶望は、私達を神にだけ向かわせる時となる。平和な時とは違う切実さをもってなお神に向かう。

義なる神は不正をそのままにはされない。作者は激しい訴えの中で、神から一方的に赦され愛されている恵みを思い起こします。状況は変わっていない中で、作者は神に賛美を捧げる。苦しみから賛美が生まれるのです。絶望の時、神に向かうなら、そこには救いがあります。どうか私達の苦しみが、神の恵みを喜ぶ時となり、賛美となります様に。「私は主に歌を歌います」

カテゴリー

-651-700

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.