金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

701-750

御言葉メール703

投稿日:

御言葉メール703

2013年11月9日

「まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。」(詩篇23の6)

旧約聖書の詩篇23編は、作者の個人的な神経験の豊かさ、深さが素直にうたわれていて圧巻です。私は時々、口ずさんでは、忘れかけていた神の恵みが、こんな状態でも降り注いでいる事を思い出します。神を羊飼いとし作者を羊と例える関係の背景は、水も草も乏しい砂漠のような荒野。

羊は羊飼いがいなければ、草のある所に行く事もできず、猛獣の危険からも守られる事はありません。羊の一切は羊飼いにかかっている。羊は羊飼いの故に満たされているのです。私達が今、生活しているところも緑豊かな、いろいろな事が満たされている生活ではないかもしれない。物質的にも気持ちにも余裕がないかもしれません。起きて欲しくない事がやってくるかもしれない。

神である羊飼いは水も草も全く乏しい所で完全に、羊である私達を養う事がおできになります。あらゆる苦しみ、悩み、危険から保護し、主の家の客人として、次から次へと追いかけてくるほどの恵みで満たしてくださる、という。共に23編のことばを心に留め、乏しい所で追いかけてくるほどのあふれる神の恵みを慕う者とさせて下さいます様に。

カテゴリー

-701-750

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.