金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

701-750

御言葉メール744

投稿日:

御言葉メール744

2014年8月30日(記:斎藤文子)

「さて、モーセという人は、地上のだれにもまさって非常に謙遜であった。」(民数記12の3)

上記のみことばは、謙遜になりたくてもなれない私にとって、とても興味深いみことばです。謙遜は人間関係の中で出てくる態度ですが、モーセはどういう人間関係の中で生きていたのでしょう。

このみことばが書かれている民数記は、エジプトを脱出したイスラエル民族の、荒野での生活の記録です。成人男子だけで60万人以上という大集団の指導者がモーセでした。神はモーセを通して、真の神への信仰を教え整えようとされます。しかし神のことばを伝えるモーセに、イスラエルの民は不平不満と反逆でモーセを殺そうとさえします。

更にモーセと共に指導的立場だった人達からの非難。とても人間関係が良いとは言えない状況で、モーセは地上の人間の誰よりも謙遜であった。何故モーセは、非難の的の中で謙遜だったのか。彼はいつも神に聞く人でした。自分の考えや感情、思い込み、やりたい事を優先しない。自分は義しくないが神は義しい方であると知っていたからです。自分が義しくない事を知る人は、神がその自分を愛してくださっている事が慰めです。

カテゴリー

-701-750

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.