金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

751~800

御言葉メール780

投稿日:

御言葉メール780

2015年5月23日(記:辻嵐桂子)

「ほむべきかな。日々、私たちのために、重荷をになわれる主。
私たちの救いであられる神。」(詩篇68篇19節)

フットプリントという有名な詩がある。砂の上に続くふたつの足跡は、主と共に歩んだ自らの人生であった。だが人生の最期の時、足跡がひとつしかないのを見て詩人は問う。「私が最も辛く悲しかった時、なぜあなたは私と共ににいてくれなかったのですか」と。
主は答えられた。「わたしは決してあなたをひとりにはしない。足跡がひとつしかなかった時、わたしはあなたを背負って歩いていた。」

主イエスは私たちのすべての罪咎を負い、十字架上で贖いの死を遂げられ、私たちは神のものとされた。
神はご自分の民を翼に載せて救い出し(出エジプト19:4)、人がその子を抱くように抱き(申命記1:31)、永遠の腕で支えて下さる(申命記33:27)。
上記の詩篇のみことばも、原文に「重荷」という語はなく、日々になわれているのは実は私たち自身とも言えるのだ。

「あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。
わたしはそうしてきたのだ。
なお、わたしは運ぼう。
わたしは背負って、救い出そう。」(イザヤ書46章4節)

カテゴリー

-751~800

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.