金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

801-850

御言葉メール826

投稿日:

御言葉メール826

2016年4月9日(記:辻嵐桂子)

「君主たちにたよってはならない。救いのない人間の子に。
霊が出ていくと、人はおのれの土に帰り、
その日のうちに彼のもろもろの計画は滅びうせる。」(詩篇146篇3ー4節)

この詩篇は、神を助け手として信頼する者の神への賛美である。
神の民イスラエルは、人に頼るのではなく、いかなる時にも、神の力と守りに信頼を置くべきであった。
しかし、列王記などを読めば、多くの王たちがこの点において失敗をし、国家の滅亡を招いていったことがわかる。
彼らは罪を悔い改めることをせず、国の危機に際しても他国との同盟に依り頼み、預言者たちの「神に立ち返れ」との声に耳を傾けなかった。

神を知らない者は、おのれの力や権力者を頼みとし、危機を回避するためあらゆる策を講じ、またたち騒ぐ。
では私たちは、何を頼みとしているだろうか。生活の基盤をどこに置いているだろうか。国家か?経済力か?養ってくれる誰かか?
もしそうならそれらが倒れると途端に依りどこりを失ってしまう。私たちの心は常に不安に付きまとわれるだろう。

だが詩篇の作者は、神に望みを置く者がいかに平安で、幸いであるかを歌っている。
私たちはこんなにもすばらしい、恵みに富んだ神の啓示を受けているのだ。詩篇記者のように、神に信頼し、神をたたえる人生を送りたい。

「幸いなことよ。ヤコブの神を助けとし、
その神、主に望みを置く者は。」(詩篇146篇5節)

カテゴリー

-801-850

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.