金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

801-850

御言葉メール836

投稿日:

御言葉メール836

2016年6月18日(記:辻嵐桂子)

「鳥がみな見ているところで、網を張っても、むだなことだ。
彼らは待ち伏せして自分の血を流し、自分のいのちを、こっそり、ねらっているのにすぎない。
利得をむさぼる者の道はすべてこのようだ。」(箴言1章17ー19節)

十代の頃、キセル乗車をして捕まったことがある。知人の成功談を聞いて自分も上手くやれると思ったが、一回目で見つかり、駅員さんに酷酷く叱られた。さすがに、二度とやろうとは思わなかった。
あの頃は聖書も神も知らなかったが、最初の一回で見つかってよかったと思う。成功すればまた繰り返したであろう。実際その知人は常習犯であった。

箴言の中で最初に出てくる具体的な訓戒が、「罪人たちに従ってはならない(10節)」である。彼らは悪事を企み、巧みに誘い、繁栄し、安泰に見える。
だが上記の御言葉は、彼らが悪を図り待ち伏せしても、その悪事は結局彼らに跳ね返り、彼ら自身を滅ぼすことになると教える。

正しく裁かれるお方がいる。すべてを見ておられ、この地上に公義をもたらすお方が来られる。それが聖書の教えである

みんなやっている。やらないと損をする。少々の不正やずる賢さは必要悪だ。等と、私たちを罪に誘う声は世の中に満ちている。
また、私たちの内に罪があり、欲求をどうにか満たしたいと願うのである。

日々神の存在を意識し、神を恐れ、神の御言葉に耳を傾け、訓戒に聞き従うことが、私たちの歩みを確かにする、唯一の安全な道である。

「わたしに聞き従う者は、安全に住まい、
わざわいを恐れることもなく、安らかである。」(箴言1章33節)

カテゴリー

-801-850

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.