金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

801-850

御言葉メール838

投稿日:

御言葉メール838

2016年7月2日

「あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。」(箴言3章6節)

悪いことに手を染めることを道を踏み外したと言うが、聖書は、悪に走る者たちの道を「曲がりくねった道」と表現する。その道は死に下り、闇につながっている。
反対に、正しい者、正直で潔白な人は、いのちに至る道を歩む。だが、その道をまっすぐにされるのは主である。

私たちはどのような時に罪の誘惑を受けるだろうか?逆境の時、何もかも思い通りにならない時、もしかしたら信仰を空しく感じることもあるかもしれない。だが順境の時はどうだろう?

苦難の時、神に信頼をおき忍耐深く祈る信仰の人が、全てうまくいって何の問題もない時、しばしば神に頼ることを忘れることがある。自分の力でうまくやっていると錯覚するのである。
あの敬虔なダビデでさえ、王国が確立し周囲に危険がなくなったその時、罪に陥ったのである(Ⅱサムエル記11章参照)。

箴言の著者は、このところで「自分の悟りに頼るな。(5節)」「自分を知恵のある者と思うな。(7節)」と繰り返している。
どのような場合にも、自分ではなく主に拠り頼み、自分の考えではなく、主の御言葉に従って生きよというのである。

私も、比較的平穏な毎日を過ごしている中で、錯覚してはいないか?自分を過信してはいないか?本当に主を認めて生きているか?主の前に正しく歩んでいるか?

「(神よ。)私のうちに傷のついた道があるか、ないかを見て、
私をとこしえの道に導いてください。」(詩篇139篇24節)

カテゴリー

-801-850

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.