金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール878

投稿日:

御言葉メール878

2017年4月8日(記:辻嵐桂子)

「蛭にはふたりの娘がいて、『くれろ、くれろ』と言う。
飽くことを知らないものが、三つある。いや、四つあって、『もう十分だ』と言わない。」(箴言30章15節)

この箇所は、蛭を擬人化したり、三つを否定して四つと言い替える修辞法を用い、言わんとすることを印象付けている。

蛭は人や動物の皮膚に吸い付き血を吸う生物で、聖書中ここにしか出て来ない。
すぐ前の箇所では、地の苦しむ者、人のうちの貧しい者を食い尽くす忌まわしい世代が4通りの表現で言及されている。
直接関連付けてよいかわからないが、確かに、あらゆる暴虐と搾取の根底には、強者のむさぼりがある。

この世では、向上心とか上昇思考とかは評価され、時によい結果を生む。
だが、幼い子供が次から次へと新しい玩具を欲しがるように、人の欲求は尽きないものである。
むさぼりは、十戒の第10戒「欲しがってはならない」において禁じられている。
新約聖書にも、「欲がはらむと罪を生む(ヤコブの手紙1章15節)」という御言葉がある。

欲は誰もが抱くものである。しかし、聖書の神を知れば、私たちがどれほど分不相応な恩寵を受けているかわかる。
感謝し満足するということも、私たちは学ばなければいけないのである。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.