金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール880

投稿日:

御言葉メール880

2017年4月22日(記:辻嵐桂子)

「彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼らに渡された。それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。」(ルカの福音書24章30ー31節)

十字架刑から三日目、イエスのからだが墓からなくなったという話しは、その日のうちにエルサレム中に広まり、噂で持ちきりであったようである(18節参照)。
墓に行った女たちはイエスが甦ったと証言し、他の者は、イエスのからだが盗まれたと言う。人々は困惑した。

そんな中、失望落胆し、混乱のエルサレムを後にしたふたりの弟子がいた。彼らは途上イエスに遭遇するが、それがイエスだとわからなかった。
イエスがパンを裂いた時、彼らはそれがイエスだと気付く。それは、生前イエスが度々弟子たちの前でとった行動であったのだろう。
だがそれ以上に重要なのは、イエスが道々聖書を説き明かし、彼らが熱心にそれを聞いたということである(27、32節参照)。
イエスの姿が見えなくなったにも関わらず、彼らは即座にエルサレムに引き返す。もはや失望も落胆も消え去っていたに違いない。

復活したイエスはその後昇天し、今は御霊の内住という手段で常に私たちとともに在る。もちろん目で見ることは出来ない。御言葉からそれを知り、聖霊の働きによって理解し、信じるのである。

だが様々な思いが、罪が、私たちの心を曇らし、ともに在る主を忘れさせる。
イエスがここにおられる。このことに気付く時、上記のふたりの弟子のように、私たちの心も変えられ、また、行動も変えられていくのかもしれない。

「見よ。わたしは、世の終わりまで、あなたがたとともにいます。」(マタイの福音書28章20節)

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.