金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

851-900

御言葉メール900

投稿日:

御言葉メール900

2017年9月9日(記:辻嵐桂子)

しかし彼は、自分の正しさを示そうとしてイエスに言った。では、私の隣人とは、だれのことですか。(ルカの福音書10章29節)

神を愛し、隣人を愛せよ。全ての律法はこの二つに要約される。
この律法の専門家は、律法を熟知していたし、自分はその通り行っていると自負していたにちがいない。
彼はイエスがこう答えるのを期待したのかもしれない。
あなたの隣人とはあなたの同胞、あなたが愛し尊敬する人たちです。

しかし、イエスはひとつのたとえを話された。それは、強盗に襲われた瀕死のユダヤ人を、祭司とレビ人は見て見ぬふりをして通り過ぎたが、通りかかったサマリヤ人は彼を憐れみ、助けるというものであった。
サマリヤ人は、純血でないことからユダヤ人に差別され、忌み嫌われていた。だがこのサマリヤ人は、傷付いたユダヤ人に犠牲的な愛を示す。
そしてイエスは言うのである。
誰がこの人の隣人になったと思いますか。
あなたも行って同じようにしなさい。

私たちは既に律法から解放されている。決して行いによって救われるのではないことを知っている。
だが知らず知らずのうちに自分の中に規準を設け、これをしていれば大丈夫、此此これだけやれば周囲にも認められ、神に対しても教会に対しても責任を果たしていると思ってはいないだろうか。
とんでもない!神の要求は律法学者やパリサイ人にまさる義(マタイ5:20)、あなたの敵を愛しあなたを憎む者に善を行え(ルカ6:27)である。
これを完全に実行出来たのは、主ただおひとりだけである。

カテゴリー

-851-900

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.