金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール968

投稿日:

御言葉メール968

2019年2月23日(記:辻嵐桂子)

イエスは、ほかの大祭司たちのように、まず自分の罪のために、次に民の罪のために、毎日いけにけをささげる必要はありません。イエスは自分自身をささげ、ただ一度でそのことを成し遂げられたからです。(ヘブル人への手紙7章27節)

旧約聖書には様々ないけにえの規定がある(レビ記1ー5、16章参照)。
生け贄とはなんと血生臭い、原始的な宗教かと思われるかもしれない。
しかし、犠牲なしに罪の贖いはない。罪の贖いなしに罪人は、神に受け入れられることが出来ないというのが、聖書の一貫した主張である。
旧契約(旧約聖書)においては常に、神に近づくため(すなわち礼拝毎)に動物の犠牲が必要とされ、神と民との間に立って儀式を行う大祭司でさえ、まず自分自身の罪の贖いのため動物の血を流し、それから民のための贖いをしたのである。

だが、新しい契約の仲保者であるイエス・キリストは、唯一人罪のないお方なので、ご自分のために罪の贖いをする必要がなく、また、ご自身を傷のない完全ないけにえとしてささげた(十字架上で血を流した)ことにより、旧契約のいけにえの規定をすべて廃止したのである。

私たちクリスチャンは、キリストの犠牲故に、礼拝で動物をいけにえとしてささげる必要はないし、また、いつでもどこでも、イエス・キリストの御名によって、神に祈ることができる。
私たちの罪はイエス・キリストによって完全に贖われた。
それは歴史上ただ一度なされ、その効力は永遠である。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.