金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール978

投稿日:

御言葉メール978

2019年5月18日(記:辻嵐桂子)

このみこころにしたがって、イエス・キリストのからだが、ただ一度だけ献げられたことにより、私たちは聖なるものとされています。(ヘブル人への手紙10章10節)

イエス・キリストの十字架の死は、私たちの罪を贖うため神が定め、イエスがその神のみこころに完全に従うことにより成就した。
ただ一度だけ献げられたとは、年毎に献げられる旧約律法の贖罪のいけにえと比較して、著者が繰返し述べているところである。
この歴史上ただ一度の出来事が私たちにもたらしたものは、完全な罪の贖い、すなわち私たちの罪は完全に赦され、神に受け入れられる聖なるものとされたのである。

クリスチャンは神の聖徒と呼ばれる。
だが自分自身に目を向ければ、未熟で、俗的で、罪深い、聖徒と呼ぶには程遠い現実の姿を見る。
クリスチャンでなくとも、自分より立派な人は大勢いる。
だが聖書によるなら、聖とは、他と区別されることを言うようである。
すなわち、罪故に神から離れ、さばきを待つばかりのこの世界にあって、神の目には、私たちは神のものとして区別され、特別に取り扱われ、救いに入れられているということである。

キリストを信じれば直ちに聖人君子のようになれるわけではない。
だが完成、完全なもに向かう聖化の歩みが始まる。それはキリストの従順に学ぶ歩みである。

聖書は、私たちの立ち位置と、目指すべき方向を、常に明らかにしてくれる。幸いである。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.