金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール980

投稿日:

御言葉メール980

2019年6月1日(記:辻嵐桂子)

あなたがたの確信を投げ捨ててはいけません。その確信には大きな報いがあります。あなたがたが神のみこころを行って、約束のものを手に入れるために必要なのは、忍耐です。(ヘブル人への手紙10章35-36節)

辛い時、ただ忍耐しろと言われても絶望しかないだろう。
だが、苦難の終わりが確かに訪れることを知っていれば、忍耐の先に大きな報いがあることを知っていれば、それは励みとなり、希望となる。

ヘブル人への手紙を読むと、この手紙の受け取り手たちが、厳しい弾圧に耐えていたことがわかる。
初代キリスト教会が、ユダヤ人やローマ人にどのような仕打ちを受けたかは、使徒の働きや他の書簡にも記されているが、ここでも、彼らが嘲られ苦しめられた様子が具体的に記されている(32-34節)。

そしてある者たちは信仰を捨て、教会を離れ、或いは積極的に教会の集まりに加わることを拒んだと見られる(6章4-8節、10章25-27節参照)。

そのような中にある信者たちに著者は、キリストの贖いが確かなこと、故に後に約束された報いも確かであることを論証し、例証することで、信仰に留まり続けるよう彼らを励ますのである。

投獄され、財産を奪われ、命さえ危険にさらされる、このような苦難を私は経験したことはないし、また、もしそのような状況になったら、それでも信仰を保てるかと問われれば、甚だ自身がない。
それでも、恐れ退いて滅びる者ではなく、信じていのちを保つ者(10章39節)でありたいと、切に願う。

そして今、平穏な日常の中にあっても、或いは苦難の中にあっても、この御言葉は真実である。

もうしばらくすれば、来るべき方が来られる。遅れることはない。(ヘブル人への手紙10章37節)

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.