金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール984

投稿日:

御言葉メール984

2019年7月6日(記:辻嵐桂子)

信仰の創始者であり完成者であるイエスから、目を離さないでいなさい。この方は、ご自分の前に置かれた喜びのために、辱しめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されたのです。(ヘブル人への手紙12章2節)

信仰生活に困難はつきものである。
初代教会は迫害によって信仰を試され、中には信仰を捨てる者もあった。

現代の日本では信仰の自由が保証され、私たちは伝道も礼拝も自由に出来る環境にある。
それでも、日々様々なことで信仰を試される。それは、聖書が伝える信仰の素晴らしさと、私たちの目の前の現実が、あまりにかけ離れているからだろうか?
目に見えないものに望みを置き続けることは容易ではない。だがイエス・キリストは、その望みに確証を与えてくれる。

11 章では、約束のものを望み見、試練を耐え忍んだ過去の信仰の勇者たちが列挙され、その信仰が称賛されている。
だがその約束の成就を見たのは、イエスの死と復活を経験したクリスチャンたちであった。
そしてここでは、人としてこの地上を歩まれ天に昇られたたイエスご自身が、信仰者の究極の模範でありゴールであることを伝えている。

しばしば世のものに心を奪われ、信仰の目が暗くなることがある。信仰の価値がわからなくなるのである。
そんな時私は上記の御言葉を思い起こす。
イエスを見続けることが、私の信仰を支えてくれるからである。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.