金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

951-1000

御言葉メール992

投稿日:

御言葉メール992

2019年9月7日(記:辻嵐桂子)

「愛は寛容であり、愛は親切です。また、人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、苛立たず、人がした悪を心に留めず、不正を喜ばず、真理を喜びます。すべてを耐え、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを忍びます。」(第Ⅰコリント人への手紙13章4-7節)

有名な、愛の章句といわれるところである。
パウロは賜物(神から与えられた才能や能力)を誇り、互いにさばき合うコリントの教会のクリスチャンたちに、いかに優れた賜物も奉仕も、愛がなければ何の役にも立たないと書き送り(1-3節)、そして、愛とはいかなるものであるかを続けて述べる。

上記の御言葉は、私たちが愛だと考えるものも、実は聖書の言う愛にはほど遠いものであることを教えてくれる。
いかに愛していると思う相手であっても、自分の期待に反すれば、苛立ったり失望したりするからである。
また、自己満足の博愛も、聖書の言うの愛とは違う。
愛は単なる感情や心持ちとは違う。
また、ある人たちが言うように、不確かで曖昧なものでもない。

聖書だけが、愛についてはっきりとした定義を与えている。
愛は忍耐を生み、行動に導き、有効に働いて、他者を生かす。
クリスチャンであれば、イエス・キリストのあり方こそ真の愛の姿だと言うであろう。
すなわち、私たち罪人を救うため、ご自分のいのちを贖いの代価とされた、自己犠牲の愛である。

このような愛は私たちの内にはない。
愛は神から与えられるものである。
だから、この最も優れた賜物を、私たちは追い求めるべきなのである。

カテゴリー

-951-1000

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.