金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1002

投稿日:

御言葉メール1002

2019年11月23日(記:辻嵐桂子)
そのとき、カレブがモーセの前で、民を静めて言った。『私たちはぜひとも上って行って、そこを占領しましょう。必ず打ち勝つことができます。』
しかし、彼と一緒に上って行った者たちは言った。『あの民のところには攻め上れない。あの民は私たちより強い。』(民数記13章30-31節)

モーセは主の命により、約束の地カナンを探るよう、12人の者を遣わした(13章1-3節)。
彼らは全く同じものを目にしながら、真逆の結論に至った。
荒野を旅するイスラエルの民にとって、肥沃なカナンの地はまさに乳と蜜の流れる地であった。
しかしそこには先住民がおり、その地を占有するためにイスラエルは、彼らと戦わなければならなかった。
大多数の者が、彼らは強く、装備も十分で、攻め上るのは不可能だと考えた。
そしてイスラエルの全会衆が彼らに同調し、クーデターを起こしてエジプトに帰ろうとの声さえあがった(14章1-4節)。
ただ、ヨシュアとカレブだけは主を信じ、約束の地に上ろうと言った。

この出来事はイスラエルにとって大きな分岐点となった。
偵察に行ってその地を悪く言った者たちは直ちに滅ぼされ、そしてイスラエルの民は40 年荒野を旅し、ヨシュアとカレブ以外のその世代の者は、みなそこで死に絶えると告げられた(14章28-38節)。

彼らの結末を見よ。
目前に困難があっても、大多数の意見が違っていても、それでも神の約束を信じきれるか、私たちはいつでも岐路に立たされている。
それは日常の小さな選択の連続かもしれない。それでも、そこに信仰を働かせているか、神に期待しているか、私たちは常に問われているのである。

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.