金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1014

投稿日:

御言葉メール1014

2020年2月23日(記:辻嵐桂子)

私のたましいは 神を 生ける神を求めて 渇いています。(詩篇42篇2節)

聖書の中で(特に詩篇には)、主の御言葉や主御自身を慕って、しばしば渇くという表現が使われている。
それは、困難を極めた状況での作者の神への訴え、神のお取り扱いを求める叫びであったり、神の御言葉や神礼拝を切望する祈りであったりする。

私たちはこれほど神を切望し、神の御言葉に飢え渇いているだろうか。

確かにキリスト教に出会ったばかりの頃は、むさぼるように聖書を読んだと思うが。
日曜礼拝、祈り会、日々の祈り(主に食前の)は、今や習慣となり、様々な学びの機会にも、よほど切望してのぞむというわけではない。

自由に聖書が読めなくなったり、礼拝に出席できないような状況が続いたら、あるいは何か困難な状況に陥ったら、私は神を求め、私のたましいは詩篇の作者たちのように、神の御言葉を慕ってあえぐのだろうか?
今はこれで十分なので、飢えも渇きも感じないということなのだろうか?

よく年をとると、身体は脱水状態になっていても、本人に渇いた自覚がなく、そのまま水分を摂取することなく、深刻な事態を招くケースがあるという。
霊的渇きにも、同様のことがあるのではないだろうか。

もしそうであれば、私たちはまずその飢え渇きを知ることができるようにと、祈らなければならないのではないだろうか。

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.