金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1016

投稿日:

御言葉メール1016

2020年3月7日(記:辻嵐桂子)

私の兄弟たち。様々試練にあうときはいつでも、この上もない喜びと思いなさい。
あなたがたが知っているどとおり、信仰が試されると忍耐が生まれます。(ヤコブの手紙1章2-3節)

近頃は新型コロナウィルスの問題で、感染した人はもとより、そうでない人も様々な規制を受け、その影響は多岐に及び、社会不安が生じている。
多くの人は事態が終息するまでと辛抱しているし、実際いつかはわからないが、必ず終焉は来るだろう。
また、そこから学ぶこともあるであろう。
これもある意味試練と言える。

だが、試練とか忍耐と聞いて、喜ばしいと思える人がいるのだろうか?

上記の御言葉は、初代エルサレム教会の指導者のひとりヤコブ(使徒の働き15章13節参照)が、迫害のため離散したユダヤ人クリスチャン(同11章19節)に宛てて書いたものである。

ここで言われる様々な試練とは、病気や経済的危機といった、全ての人に共通の試練と共に、信仰者ゆえに直面する試練ー迫害や差別ーが含まれている。
これらをこの上もない喜びと思えと言うのは、試練が信仰者を、より成熟へと向かわせる神の手段であることを、著者は知っているからである。

私たちも今試されている。
だが、全ての事柄の背後に神の意志があり、目的がある。
また神は、私たちを耐えられない試練にあわせることはなさらず、試練とともに脱出の道も備えておられる(第一コリント人への手紙10章13節)。
これらの御言葉は、今の時を忍耐する上で大きな力となり、また希望である。

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.