金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1020

投稿日:

御言葉メール1020

2020年4月4日(記:辻嵐桂子)

イエスは酸いぶどう酒を受けると、完了したと言われた。そして、頭を垂れて霊をお渡しになった。(ヨハネの福音書18章30節)

およそ2000年前のローマ統治下のユタヤ、エルサレム郊外で、イエス・キリストが十字架刑に処され死なれた。
十字架は今やキリスト教のシンボルである。

十字架刑は、当時の処刑方法の中でも最も残酷なもので、反逆罪など重罪人に課せられるものであった。
それは長時間肉体的苦痛を味わうとともに、その姿を人々にさらされ嘲られる、辱しめを伴うものであった。

その十字架上で、主が発したいくつかの言葉を、福音書の記者たちはそれぞれの視点から記録している。
ヨハネが記した完了したという御言葉は、主が息を引き取られる直前、おそらくヨハネ自身がその耳で聞きとった言葉であったろう(26-26節参照)。

完了したとはまさに勝利宣言である。
それは、人としてのイエスが、その職務の全てを、完璧に成し遂げたということである。
すなわち、罪人を救うために世に来られたイエスは、完全な生涯を全うし、御自身をささげることで、私たちの罪の贖いを完成されたのである。
それ故信じる私たちは、罪赦され、もはや刑罰を受けることがなく(キリストが代わりに受けてくださったので)、それどころか、神と完全に和解し、天の御国に迎え入れられるのである。

明日から受難週に入る。イエス・キリストの十字架の苦しみとその意味に、あらためて思いを巡らしたい。

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.