金沢聖書バプテスト教会

金沢聖書バプテスト教会は、神の愛とキリストの贖いと聖霊の導きによって真の神様を礼拝する者の集まりです。あなたを心より歓迎します

1001-1050

御言葉メール1036

投稿日:

御言葉メール1036

2020年7月25日

第九の月であったので、王は冬の家の座に着いていた。彼の前には暖炉の火が燃えていた。ユディが三、四段読むごとに、王は書記の小刀でそれを裂いては暖炉の火に投げ入れ、ついに、巻物をすべての暖炉の火で焼き尽くした。(エレミヤ書36章22-23節)

情景が目に浮かぶような一節である。淡々と記されているが、恐ろしいことが行われている。王が切り刻み暖炉にくべたのは、神の御言葉を記した巻物であった。

紀元前605年、ユダ王国は敵国バビロニアの侵攻により滅亡の危機に瀕していた。時の王はエホヤキム、彼の父ヨシヤ王は、かの宗教改革で名高い偉大な王であった。
ヨシヤ王は、神の御言葉を聞いて自らの衣を引き裂いき、国をあげて神に立ち返ったのだ(第二列王記22-23章参照)。
しかし、エホヤキムの行動は、それとは真逆であった。

歴代誌の著者が繰り返し述べたように、確かにユダは滅びに向かっていた。彼らが神に背き、偶像礼拝を持ち込んだからである。
神ははじめから再三警告を与えていた。そして、王国が滅ぶに至るまで、預言者をとおし、民が悔い改めて立ち返るようにと、御言葉を与え続けたのである。

記された神の御言葉は聖書となって、今日私たちの手元にある。
人間の罪によって堕落した世界は、様々な災厄に見舞われ、最後には神によってさばかれる。神のご計画が大きく変更されることはないのだろう。
それでも神は、御子イエス・キリストを私たちの代わりに十字架につけて救いの道を用意し、宣教を通して神に立ち返るようにと、人類に御言葉を与えておられる。
この神の御言葉に対して、我々はどういう態度を示すのだろうか?

カテゴリー

-1001-1050

Copyright© 金沢聖書バプテスト教会 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.